エンディングノート

◇エンディングノートとは

 エンディングノートとは、自分自身のことや財産に関することなどについて

 知らせておきたいこと(財産状況や重要書類の保管場所、緊急連絡先など)や

 希望すること(老後や葬儀に関すること)を書き記したノートのことです。

 

 特に決まった様式はありませんので、遺言書だけでは伝えきれないことや

 知らせておきたいことを自由に書き残すことができます。

 遺言書と違って法的効果はありませんが、

 遺言書の内容が遺言者の死後、ただちに相続人の知るところになるとは

 限りませんので、葬儀、埋葬等に関する事項は遺言書とは別に

 相続人の目に触れる形でエンディングノートで残すことに意味があります。

   そしてせっかく書いても、その内容が実行されなければ役立てられませんので 

 エンディングノートを書いた時は、大切な方にその存在を知らせておいてください。 

 また遺言書を遺言執行者などの第三者に預けている場合には、

 エンディングノートなどを活用して、もし自分が亡くなった時には

 遺言執行者に連絡して欲しい旨を書き込んでおくとよいでしょう。 

 

◇遺言書のウォーミングアップとして

 遺言書を書く前のウォーミングアップとして使えるところも

 エンディングノートのよいところです。

 そして遺言書と組み合わせて活用すると効果的です。

 エンディングノートで書いたことのほとんどは、そのまま遺言書に記載することが

 できますので、エンディングノートを書いた後は、法的効果のある遺言書を書く

 ことを最終目標にしましょう。 

 

 書店などでいろんな種類のエンディングノートが市販されていますので

 ご自身の気に入ったものを購入して利用してもいいでしょう。

 最近ではインターネットで様々な書式のものがダウンロードすることもできます。 

 

◇自分が書きたいところから埋めていきましょう

 エンディングノートは全部のページを書く必要ありません。

 ご自身が書きたい所から埋めていくのが上手に使うコツです。

 エンディングノート記入時に気をつけること ⇒こちらから

電話番号0978-63-5170 お急ぎの方090-9585-1558/メールお問合わせリンク