死後事務委任契約(亡くなられたあとの様々なお手続き)

 私が亡くなったあと、葬儀や納骨そして

 財産のことはどうなるのだろう・・・ そんなご心配はございませんか?  

 

 お亡くなりになったあとの様々なお手続きをお引き受け致します

 

  亡くなったあとの葬儀や納骨、埋葬、未払債務の支払いなど

  さまざまな事務処理を委任する契約です。

  死後の処理を頼める身内がいない方親族と疎遠になった方などに

  有効な契約です。

 

 【死後事務の委任の内容には以下のようなものがあります】

  ・遺体の引き取り

  ・通夜、告別式、仮葬、納骨、埋葬、永代供養に関する事務

  ・ご家族、ご親族、その他関係者への連絡調整

  ・家賃、敷金の清算事務

  ・老人ホームの入居一時金等の受領事務

  ・未払い債務(入院費、水道光熱費、電話代等)の支払事務

  ・クレジットカード、インターネット等の解約

  ・遺品(家財道具)の整理、処分に関する事務

  ・相続人、利害関係人当への遺品・相続財産の引き継ぎ事務

  ・ペットの始末  など

 

  死後事務委任契約は、生前の財産管理契約、任意後見契約、遺言とあわせて

  公正証書で作成される場合が多いです。

  「財産管理契約」や「任意後見契約」の中に特約事項として

  付け加えることもできます。

  

  死後事務委任契約書作成(公正証書)のご支援

  各種死後事務処理は弊事務所にお任せください。

電話番号0978-63-5170 お急ぎの方090-9585-1558/メールお問合わせリンク